機密文書の処分方法で悩んでいるなら注目!専門業者選びのコツを解説

記事一覧

情報の漏えいを防ぐために

手

廃棄業者を使う必要性が

機密文書は外部に漏らす事の出来ない秘密が記されている文書です。その為、会社にとっては秘密を保持する事が求められます。機密文書には、極秘文書、秘文書、社外秘文書があります。これらの文書には機密性に差があり、社内でも限られた人しか見れない書類や、社内の人は見れるが、社外には公表できな書類などに分けられます。機密文書の取り扱いから廃棄処理までの一連の流れを、ISOやプライバシーマーク、ISMSなどを取得し、継続的に改善しながら運営している企業が増えています。社内における機密文書に限らず、個人情報の取り扱い、情報セキュリティの観点からも機密文書の取り扱いは重要事項となっているのです。機密文書や個人情報の取り扱いは、情報の発生と活用、保管、保存、廃棄までに至ります。発生から保存までを重点的に考えがちですが、機密文書や情報は確実な廃棄処理が行われる事が必要となります。その為、重要な書類や情報などは機密文書を処理してくれる廃棄専門業者へ依頼し、熔解処理してもらう事が大切です。処理費用は依頼する業者にもよりますが、B4程度の箱で1000円程度が相場で、直接業者への持ち込みで1kg当たり約20円程度が相場となります。また、機密文書がバインダーに綴じられていたり、プラスチックやホチキス貼りなどが混合されている場合には1kg25円程度に価格が上がると考えられます。また、廃棄業者に依頼する際、預かった機密文書を確実に熔解処理した熔解証明書を提出してもらう事が肝心です。熔解証明書の発行を無料で行う業者と有料の場合がありますが、何れにしても証明書の発行をしてくれる業者を選ぶことが大切です。

Copyright© 2017 機密文書の処分方法で悩んでいるなら注目!専門業者選びのコツを解説 All Rights Reserved.